スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬支度か

朝起きると雪になっていた。
道路に積もるほどの量ではないがこの時期の初雪は54年ぶりらしい。
働いていた時なら通勤時間帯にどうなるか心配して天気予報にかじりつくところだが、今はのんびりだ。
外に出ないで窓から雪が降るのを眺めている分にはなんとなく風情があっていいものだ。
雪が降ってもまた暖かくなるみたいだし冬支度をどれだけすればいいのか悩むところだ。
とりあえず扇風機はそろそろ片付けてもいいかな。
暖房器具としてはエアコンは使わないでオイルヒーターを使うのだがまだ準備はしていない。
エアコンの設定温度は20度くらいがいいみたいだが、今の室温は19.5度あるから暖房器具がなくてもまだ大丈夫だな。
もう少し寒くなれば着る毛布を装備してオイルヒーターを準備するかな。
それより今は乾燥の方が気になっている。肌がカサカサになってきたり静電気が気になるようになってきた。
なので今日から加湿空気清浄機を稼働させたのだが、数時間動かしただけでもう1リットルくらいばらまいてしまったようだ。
雪が降るほどなので今日はそれほど湿度は低くないとは思うがそれでも結構乾燥しているようだ。
冬用の外出着も掘り出さなければならないのがちょっと面倒だ。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

長時間労働

ニュースで長時間労働が原因の事件が報道されたりすることが良くあるが一向に無くなる気配はない。
報道されている企業だけが問題があるのではなくちょっと探せばいくらでも長時間労働の企業は見つかるだろう。
労働基準法を守ればいいというものでもなくて、そもそも労働基準監督署に申請する労働時間は企業側が勝手に設定した時間である。
労働組合さえ了承すれば最近問題になっているような企業の労働時間でさえ基準以内になるという事もありうる。
まぁあまりにも多いと労働基準監督署からはもっと減らすように勧告されたりするがよほどひどい数値でなければ受理される。
サービス残業を暗にほのめかされる(直接言うと問題になるので)ような環境ではいくら基準を定めても犠牲者はなくならないだろう。
本当に長時間労働を無くしたいと思うなら残業時間を自己申告で計上するのではなくシステム的に自動計測するようにすればいい。
会社に入社した時間と退社した時間でそのまま勤務時間を計算し、その時間で残業手当の支払いを義務付ければいい。
会社にいる時間がそのまま人件費に繋がるとなれば会社側が長時間残業を放置するとは思えない。
実際には「会社にいる時間=働いている時間」とはならないが仕事内容の実績を持って給料を評価し、無駄話ばかりしてだらだら仕事する人とテキパキ仕事を片付ける人で給料の査定が違ってくるとなれば社員側も(生活残業のように)無駄に残業することも少なくなるだろう。
今はもう年功序列ではないし能力で昇給が決まるのだからちゃんと評価できる上司が居れば長時間残業はなくなると思うんだけどな。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

プロフィール

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。