スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーリーリタイヤするまで(1)


うちはそれほど裕福な家庭ではありませんでした。
高度成長期であり、多くの家庭がその頃よく言われた「中の下」という生活水準になってきたような時代でした。
うちの親の世代は、ははっきりと貧乏と言える家庭でした。父の父親は家族を残して蒸発していて、4畳半一間の借家に住み、5人兄弟の長男だった父は小学校卒業から働いていました。高度成長期の地方企業なんて労働基準法はあってないようなもので、2交代勤務というハードな勤務時間の上、有給を取得すると減給されるという状況のため、病気で入院した時を除けば有給で休んでいる姿を殆ど見たことはありませんでした。
そんな父が定年になり年金で暮らしていけるようになると、それまでの趣味であった釣り(もちろん船で釣りに行くというような高価なものではなく、波止場や磯で釣るのんびりしたもの)三昧の生活を行っていたようです。
しかし、その幸せな時間を2か月も楽しむこともなく父は釣りに出かけていた波止場で脳卒中で倒れてしまいます。
幸いにも通りかかった人に発見され、数日間は集中治療室に居たものの何とか命は取り留めました。しかし、半身不随となり日常生活もままならない状況を目にすると、定年まであんなに頑張ってきたのにあまりにも自由な時間が短すぎるんじゃないかと悲しくなりました。
それまでは仕事は定年まで頑張るものと漠然と考えていましたが、この頃から定年より前に仕事を辞めて自由な時間を早く手に入れたいと考えるようになりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

40過ぎて時間の大切さをひしひしと感じています。
あとちょっとがんばってリタイアしたいです。

Re: No title

こんにちわ、クロスパールさん。

一度しかない人生なんですから悔いの無い様に過ごしたいですね。
頑張りすぎて倒れてしまうと本末転倒なので、気を付けてください。

過去の記事を遡ってのコメント…m(__)m

奇遇ですが私の父親も定年退職後2か月ぐらいして脳卒中で自宅で倒れて…
その後、入退院を1年ぐらい繰り返して、ある日家族全員が留守中に再度自宅で転倒…打ち所が悪かった事もあり61歳で生涯を終えました。
私の知る限り、転職や仕事のブランクもなく定年まで勤めあげたと思うので、本当の意味で自由を漫喫出来たのは、僅か2か月だけ…
確かに…この事は私に多大な影響を与えたと思いますね。
もし、今も健在で定年後飽きる程に自由を漫喫しているのを見ていたら…人生観は変わっていたかもしれません…( ゜o゜)

Re: 過去の記事を遡ってのコメント…m(__)m

武蔵犬さん>
頑張っていても報われない状態を目にしてしまうと、どこまで頑張れるのかと心が折れそうになりますね。
こういうのを体験すると人生の優先順位をじっくり考えてしまいますね。
プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。