スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力自由化によってもたらされるもの

メリットだけを享受できることはあり得ない、デメリットだけを受けるということはあり得ることだけれど。
電力自由化によって短期的には(顧客獲得のため)電気料金は下がるかもしれないけれど、長期的には電気料金は上がる可能性が高い。
もし、そうでなければ既存の電力会社が暴利を貪っていたことになるだろう。(東京電力は自社社員のためだけの病院を作ったりするらいだからその可能性もなくは無いが・・)
通常は機器を大型化したり大口でまとめた方が効率が上がり小さな会社が乱立するよりコストは下げられる。
大きな工場など、大量の熱量を発散しているようなところは電力を取り出すことによって無駄に捨てていたものから利益を得ることができるのならそれを実施した企業だけでなく人類の未来にとっても有益なことだろう。
ただ、今後は費用もそうだけれど危機対応能力の低下が心配になってくる。(自由化で無くても危険はあったのだが)
原発に問題があった時、処分待ちであった火力発電所をフル稼働して対応することはできた。(処分されそうな状況だったために再稼働までの時間がかかって輪番停電があったとしても)
使わない装置を予備で置いておくのは経費がかかることである。利益追求のために経費削減策が毎年実施されるのは会社に勤めている人にとってはなじみ深い物だろう。
今後何も問題が起こらなければいいんだけれど、次に何か起こった場合に問題がうまく解決できる可能性は低くなるだろう。
余裕度はコスト増を招くため、コスト削減を加速させると対応能力は低くなる。だけど電気は必需品である限り価格を上昇させることは容易だ。
供給源が1つの企業しか存在しないと反感は集中するかもしれないが、複数存在する企業に揃って価格を上げられれば仕方がないと感じるかもしれない。(1企業だけ安く抑えたとしても全ての需要を供給することは不可能だし)
はたして不景気時代の低価格競争の中で電源供給手段のパラダイムシフトは起こり得るだろうか・・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

電力自由化はこのところ声が大きくなってきていますよね。
スタートしていないので何ともいえませんがやはり最初は様子見が無難だと思っています。
リスクは存在するだろうけどそれにどれぐらい対応できるかは未知数ですからね。

Re: No title

クロスパールさん>
今後どうなっていくのか気になります。温暖化の問題もあるのでどうなるでしょうねぇ。
プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。