スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度の生活費

3月分の支出もまとまったので2015年度分の生活費を集計してみた。
収入については4/1以降に得られたものだけで3月の残業代、失業保険の給付金、確定申告の還付金に加えて各種のポイントを使った分も加えると2,343,370円となった。
支出の内訳は以下の通り。(ポイントを使用したものは割り引く前の金額で集計)

食費258,422
雑費(含小遣い)185,429
通信費105,779
交通費38,212
医療費4,010
光熱費合計145,048
  電気99,920
  ガス30,362
  水道14,766
住居費395,652
保険・税金1,071,363
合計2,203,915

退職初年度は住民税と国民健康保険が高額になってしまうため、無職生活の生活費と比べれば出費がかさむことになる。
2015年度の目標としては年度内での収支をプラスにするということだった。
失業保険の給付金で足りればいいんだけどと思っていたが最終的に収支はプラス139,455円となり目標は達成できたことになる。
食費にはもうちょっと使っても良かったかもしれない。
雑費では壊れた液晶ディスプレイの買い替えとドキュメントスキャナの購入で75,000円くらいかかっているし、散髪代や洗剤などの費用も入っていると考えればそれほど高額ということも無いだろう。(壊れた家電の買い替え費用を含んでいるので今後の目安としてもいいかもしれない)
交通費はほぼ帰省1回分の費用であるが例年だと年に3回くらい帰省していたので通常よりは低くなっている。
医療費も歯医者に行っただけなのでいつもならもっと高額だったはずだ。
光熱費はガス、水道はいままでと変わらないが電気代は今までと比べると安価に抑えられた。
電気代は夏が暑く冬が寒くなったりすると倍くらいかかってもおかしくはないだろう。
住居費の中に固定資産税を含めている。住居費は修繕積立金のために徐々に上がっていくだろう。
保険・税金が高額になっているが住民税と国民健康保険で50万以上かかっているし国民年金、個人年金も合わせて35万以上払っているのでこれの比率が大きくなる。
ただし、今年度は住民税、国民健康保険の費用は下がるはずだし、国民年金、個人年金は60歳までのあと10年支払えばいいだけなので60歳以降はこの負担はなくなることになる。
医療保険とかまだまだ見直すものもあるし当初考えていたように年間200万あれば十分生活できそうだ。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初年度ってやたらとかさみますよね。
次年度からどれだけ安くなるかという楽しみの、前フリ的なものと解釈しています。

Re: No title

プライアさん>
今後は減るだろうけど、最悪これくらいっていう目安にはなるかも。

No title

ウチは夫婦2人で180万くらいを想定しています。
まあなんとかなりそうです。
年間100万以下でバイトでもできればさらに余裕になりそうです。

Re: No title

招き猫の右手さん>
贅沢するのでなければなんとかなりそうな気はしますね。

No title

私のところは年250万を想定しています。
年金二人分(約40万)、家賃(約60万)を想定しているので実質生活費は150万ぐらいで落ち着くんじゃないかと思っています。年金と家賃が大きなネックになっています。

やっぱりバイトである程度稼がないと資金不足に陥りそうです。

Re: No title

クロスパールさん>
2人分あると年金もばかになりませんね。
プロフィール

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。