スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車椅子で生活するには

少々のリフォームでは自宅で車椅子生活を送ることは難しい。
実家も随分昔にリフォームしたが廊下の幅、各部屋の段差、トイレなど少しいじっただけではとても快適に暮らせるとは言いずらい。
今回、実家が立て直されて各部屋の段差は全くなくなり廊下も広くトイレにも入りやすくはなっていた。
車椅子を考えて作っていてもギリギリな感じは否めないからリフォームでなんとかするのは大変だと思う。
それでもリフォームでは補助金が出るが、新築では補助金は出ないらしい。
建築基準法が変わった関係で昔より床を高くしなければならないというのも問題だ。
そのおかげで道路から玄関までの高低差が大きくなってしまう。
車椅子を使う時だけ道路から玄関までの階段にスロープをかけようとしていたようだが、高低差がありすぎて押し上げるのが難しそうだった。(若い男性ならいけたが)
介助者によって車椅子を押してスロープを上がるための目安は10度くらいとされている。
これでは2m40cmの最長のスロープを使っても40cmしか上がれないのに家の段差は50cm以上ある。
それでもスロープをかければいけると言われていたようだが、可能というのは普通に使えるというのとは違うと思う。
スロープを毎回使うのは難しそうなので階段の場所に電動の昇降機を付けるように話をしてきた。
リースで1割負担とはいえ介護保険では金額ではなくポイントで計算されるため、ケアマネージャーにちゃんと計算してもらわなければならない。
少々高額になるのでデイサービスに行ける回数などに制限が出なければいいのだけれど・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お役所の決まりと実際の生活にはかなり差がありますよね><
お役所の融通が利かないのもなくならないんだろうな。

No title

私も両親が高齢なので、そろそろそういう問題に直面するかも知れません。
よく知りませんが、今って電動の車椅子があるんじゃないんですか?

Re: No title

クロスパールさん>
もうちょっと使いやすい制度にしてくれると助かるんですけどね。
まぁ財源が無ければ仕方がないという事でしょうか。

Re: No title

プライアさん>
電動の車椅子の方がリース料が高かったりするんですよね・・。(購入する場合の価格も高いし)
緩いスロープを設置できるほど家の敷地に余裕があればよかったんですけどね。
プロフィール

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。