スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のための制度か

たまに病院に行くと合理的じゃない制度を痛感する。
今回は休日だし夜間だったから総合病院に行かざるを得なかったが、初診を総合病院(正しくは病床数が多い病院)で受けると非紹介患者加算料として5000円(以上)+消費税の追加負担が必要になる。(今迄は2000円程度だった気がする)
大病院の混雑を避けるため(重篤な患者に割く時間を確保するため)と言われているが到底そんなことは信じられない。
個人的な考えでは初診こそ大病院に行くべきで、初診以外は重篤な患者以外の再診を認めないとかした方がいいと思う。
もちろん、単純な風邪や切り傷、慢性の病気などは除くものとし、例えば年度単位で同じ病気と判定されたら2度目は5000円の追加徴収をすればいいと思う。
初めて何の病気か分からない症状が出た場合、設備の乏しい小さな病院に行くより大病院で診てもらった方が安心できるだろう。
今回もCTスキャンを撮ってもらえたから1mm程度の結石を見つけることができ、病状が特定できたのである。
追加の薬をもらうために行った近所の病院ではレントゲンを撮るしかなく、レントゲンでは何の異常も捉えることはできなかった。
もし、最初に近所の病院に行っていたとしたら、レントゲンでは何の異常も捉えられず検尿の結果からもしかしたら尿路結石かもねっていう診断が下されたはずだ。
尿路結石と同じような症状であってももっと重篤な病気の可能性もあったわけで病状が確定できない以上、痛み止めとともに他のありえそうな病気に対する薬も同時に処方された可能性もあるだろうし、1週間後くらいに再診も受けるように言われていたはずである。
2週間くらい病状が不明だと大病院の紹介状がもらえる時もあり、それによって大病院を念のため受けるというような状況になったかもしれない。
小さい病院を守るという謎の制度のために休日診療での薬は1日または2日分(週末だけの分)しかもらえない。
通常は1週間分はもらえたはずで、今回もはじめの総合病院で1週間分の薬を処方してもらえていれば近所の病院に行く必要すら無かったはずだ。
国の医療費負担が高いというけれど誰得だ?という制度がいくつもあるのも余分にお金がかかる原因だと思う。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういった利用者に不便な制度ってたくさんあると思います。
何かを改善したら、こっちも改善しなきゃみたいなのが連続して結局は使い勝手の悪い制度が出来上がっているような気がするなあ。

病院行くってことは体調悪いってことだから、待ち時間はできるだけ短くしてもらいたいものですね。

Re: No title

クロスパールさん>
小さい病院に行ったからって空いているわけではないですしね。
病人のための制度じゃなくて小さい病院の売り上げの確保のための制度でしかないのが悲しい。

No title

ああ、いきなり総合病院に行くと追加料金を取られる話は聞いたことがあります。もう運用されてるんですね。医療問題は今後ともさらに複雑で多様化しそうで、改めて健康でいたいと思いますね。

Re: No title

プライアさん>
変な法案のせいでお金も余分にかかるし、健康第一ですね。

No title

風邪とか単に気分がすぐれない程度で病院に押し掛ける老人をなんとかすべきだと思います。
そのせいで病院が混んでるとか、保険料が高騰とか馬鹿馬鹿しすぎるし。

Re: No title

招き猫の右手さん>
老人だと風邪でも死にかねないのでアレですけど、元気そうな老人が多いのは確かですね。
でも、儲けのために何度も通院させたり薬をばらまきすぎる医者が多いのも原因ですね。
プロフィール

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。