スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許更新

5年も間が開くと更新時期は忘れてしまいがちだが、更新案内が来ていたので自動車免許の更新に行ってきた。
働いている時は当日交付の警察署で更新していたが、そこは家からは遠いしそこまで行く時間が惜しかったので一番近くの警察署に行くことにする。
ここならいつもの散歩のついでにいけるが、当日交付じゃないのがちょっと面倒だ。
でも受け取りも散歩のついでにいけるからまぁいいだろう。
平日だし、当日交付の警察署よりは少しは空いてるんじゃないかな。もしかして誰も居なかったりして?とか期待していたが10人程度は免許の更新に訪れていてちょっとがっかり。
免許更新の窓口に行くとまず収入証紙(3000円)を買ってこいと言われる。
そういえば昔も小さな警察署で更新したときに別の建物の交通安全協会で書類を作らされたのを思い出した。
即日交付の警察署だとわざわざ証書を貼ったりしたような記憶は無かったから交通安全協会とかの勧誘も無くなったのかと思ったが、外の小屋で証書を買ったら以前と同じように安全協会の勧誘(1500円)もされた。が今は何のメリットもないのでそれはお断りする。
昔ほど強引な勧誘でなくなったような気もするが今まで行っていた当日交付の警察署では交通安全協会という言葉さえ聞くことも無かった気がするのだが改めて聞かされると面倒なものだ。
書類を書いて出すと30分の講習(ビデオ鑑賞15分と15分間の講習)を行う。
ビデオと講習は窓口の前でそのまま行われており、30分後に受付から呼ばれるまで椅子に座って聞いていればいいだけだ。
ある程度の人数が集まってから同時に始めるとかいうのじゃないから待ち時間も無くていい。
聞いているのは5、6人くらいだが窓口から呼ばれるたびに一人、また一人と中座していく。
私も30分後くらいに呼ばれたがビデオを一通り見る前に終了となった。
免許は1週間か2週間後くらいに取りに来ればいいのかな?と思ったら1か月もかかるらしい・・。
今の免許は3か月後まで有効のハンコが押されたので1か月後から3か月後までの間に取りに来いという事らしい。
1か月もあると忘れてしまいそうだな。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

免許センターにいくと人が多すぎて毎回なんとかならんのかと思うけど、改善策はないようですね>< 今はチップが埋め込まれているのでスーパーのセルフレジみたいな感じで振り分けできたらいいのにと思います。

Re: No title

クロスパールさん>
今埋め込まれているチップには何の恩恵もないですからねぇ。
講習はともかく、免許は定期券の更新のように機械で書き換えることも可能だろうに。

No title

昔は結構待たされたイメージがありますが、
今はビデオみると完成していますね。
もう身分証としての役割しかないのですが、一応
更新しています。

Re: No title

ゼロさん>
私も身分証として利用するための更新ですが、人が多いとちょっと面倒なんですよね。

No title

ほう、こりゃいいこと聞いた。そんな方法もあるんですね。
いつも異常に混雑していて一つ一つのステップで何十分も待たされていましたが、私も次回は検討してみようと思います。二回行くのはそんなに手間にも感じませんしね。

Re: No title

プライアさん>
警察署はいつもの散歩コースの近くにあるので2度行くというのが面倒じゃないってことは大きいですね。
書類を提出した瞬間からぴったり30分で終わるというのは楽ちんですね。

No title

車全く乗らないのですっかりゴールド連続です。
なのでうっかり忘れそうになりますね、次回はまだまだ先なんですけど。
あの安全協会ってなんなんでしょうかね、やっぱり天下り先なのかな。

Re: No title

招き猫の右手さん>
黙っていても稼げるところは天下りだらけでしょうね。
警察がやればいいところを無理にやっているのは違和感がありますね。
プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。