スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長時間労働

ニュースで長時間労働が原因の事件が報道されたりすることが良くあるが一向に無くなる気配はない。
報道されている企業だけが問題があるのではなくちょっと探せばいくらでも長時間労働の企業は見つかるだろう。
労働基準法を守ればいいというものでもなくて、そもそも労働基準監督署に申請する労働時間は企業側が勝手に設定した時間である。
労働組合さえ了承すれば最近問題になっているような企業の労働時間でさえ基準以内になるという事もありうる。
まぁあまりにも多いと労働基準監督署からはもっと減らすように勧告されたりするがよほどひどい数値でなければ受理される。
サービス残業を暗にほのめかされる(直接言うと問題になるので)ような環境ではいくら基準を定めても犠牲者はなくならないだろう。
本当に長時間労働を無くしたいと思うなら残業時間を自己申告で計上するのではなくシステム的に自動計測するようにすればいい。
会社に入社した時間と退社した時間でそのまま勤務時間を計算し、その時間で残業手当の支払いを義務付ければいい。
会社にいる時間がそのまま人件費に繋がるとなれば会社側が長時間残業を放置するとは思えない。
実際には「会社にいる時間=働いている時間」とはならないが仕事内容の実績を持って給料を評価し、無駄話ばかりしてだらだら仕事する人とテキパキ仕事を片付ける人で給料の査定が違ってくるとなれば社員側も(生活残業のように)無駄に残業することも少なくなるだろう。
今はもう年功序列ではないし能力で昇給が決まるのだからちゃんと評価できる上司が居れば長時間残業はなくなると思うんだけどな。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

会社が一番気にしているのは数字ですから残業代はできるだけ払いたくないので勤務時間は短くなりそうですが実際の業務は勤務時間内で終わることがないので業務自体の縮小も必要なのかなと思います。

Aという会社がBという会社と取引している場合に、納期までに完了しないことが多くなればCという会社を選択すると思うので全体的に調整していかないと残業はなくならないんじゃないかな。

結局、誰かががんばるから残業はなくならないんだと感じます。

Re: No title

クロスパールさん>
無茶な納期で取ってくる営業とかも問題ですが、儲けのためにそうさせている経営も問題です。
下の人間にしわ寄せが集中するのを解消しないと駄目でしょうね。

No title

残業はなくならないでしょうね。
またダラダラやってる人がいるんですよね、
苦しんでいる人と、金稼ぎのためにあえてやってる人
これじゃなくならないでしょうね。

No title

私が最後に働いていた客先企業では、こえないように決められた残業枠があって、社員の人はそれを意識した時刻にタイムカードを押して、サービス残業してました。システム化しても結局はそうなるんでしょうね・・。

Re: No title

ゼロさん>
上司がちゃんと査定しないと仕事の偏りはなくならないでしょうね。

Re: No title

プライアさん>
人の裁量が入ると駄目でしょうね。会社のビルの入退出実績で計算したりしないと。
でも家で仕事をさせられそうだな・・。

No title

もうこれはあれですね、人体にチップを埋め込んでそこからの自動読み取りで判別するしかないw
でもそれはそれで抜け道はあるんだろうなあ。
会社にいなくても家に帰ってからやらせたっていいしね。

一番は同一賃金同一労働と雇用の流動化と規制緩和だと思います。
すぐに辞めてもすぐに次の職場が見つかる環境ならブラックな会社なんてすぐに辞めればいいだけなので自然と淘汰されるはず。

Re: No title

招き猫の右手さん>
雇用主の権限が大きいですからね。
雇用が流動的になれば立場が逆転していくのだろうけど権力を握っているのは向こうなのでそうはさせてくれないでしょうね。
プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。