スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安楽死のある世界

自分自身で利用できるように、10年から20年後くらいまでには安楽死が認められる世界になってくれればいいなと思う。
最近では免許証や保険証などに臓器提供意思表示の記入欄が用意されている。臓器移植を円滑に進めるためにも安楽死が認められてもいいんじゃないかな? そうすれば時間的余裕を持って適性のチェックを行った上で移植手術も行うことができていいだろう。それに医療費の節約にも繋がる。
脳死や心肺停止に加えて認知症等で自分自身では生活していくだけの手筈を講じられなくなった状況になったら処分してもらってかまわないと思っている。
そして、寝たきりになったり病院等でベッドの上で余生を送るようなことになったら自分の意志で安楽死を受け入れてもらえるような環境になればありがたいと思う。そうすれば(その時点で可能な)やりたいことを資金の続く限りやりきって生涯を終えることができるだろう。
病気で闘病生活とかになって痛みや恐怖心に長期間さらされたりすると私のような弱い人間はそれから逃げ出すために死を選択したくなってしまう。親より先に死ぬのは親不幸だと思っているからそれまでは我慢できるかもしれないが、そうでなくなったら我慢できるだけの意志を持ち続けるのは難しいだろう。
犯罪などに利用されない環境が整備されれば、本人の(居れば家族を含めた)意志が固いなら安楽死を認めてもらえるような世界になってもらえると今後も安心して生活できると思うのだけれど・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。