スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を幸せと感じるか

「何も知らない方が幸せというけど~」という歌詞にもよく謳われますが、自分の知っている範囲の限られた幸せでも私には十分に感じられる。
世の中にはもっといいことがあるのにそれを経験しないのはもったいないということもよく言われますが、それには十分な資金が確保できるという前提条件が必要になる場合が多いです。
子供の頃からそれほど余裕があるわけでもなく、費用対効果を吟味してどうしても欲しい/やりたいことなのかどうか考えてから可能なことに注力して取捨選択することになります。あれもこれもと選択できるだけの余裕があれば別ですが、そこまで恵まれた環境に居る人は少ないでしょう。
リタイヤしていると資金的な制限が大きくなります。
限られた資金内で自分が幸せと感じることができる生活が送れるのかどうか考えることが大切です。
海外旅行が趣味という人も多いですが、リタイヤしてそれがあまりできなくなるとするとリタイヤしないで自分の好きなことをし続けた方が幸せだったと考えるかもしれません。
何かを我慢してまで辞めるのであれば、その前にそれで幸せになれるのかどうか十分に考えておいた方がいいでしょう。
私の場合はもともとあまり浪費しない生活だったし、あまりお金のかかる趣味も無いから今までの長期休暇の状態となんら変わらない生活を送っているため、特に不自由は感じないし十分幸せを感じています。
リタイヤする前にはある程度抑えた生活をして不自由を感じないかどうか確認しておくといいでしょう。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「何に幸せを感じるか」を自分で認識しておくのは重要でしょうね。
世の中にはほんとにいろんな幸せを感じることがあると思いますがそれを全部することはできないだろうから、取捨選択は必要だと思います。

No title

私も元々お金を使わないので、リタイアしたから何かが出来なくなるということはないと思います。
リタイア前も後もそれほど大きく生活が変わらないのが理想ですね。

Re: No title

クロスパールさん>
可能な範囲で取捨選択するのは重要ですね。
知らないで出来ないことより既に体験していることが出来ないとなるとその喪失感が大きいと思いますので、そう言うのがあった場合、それに耐えられるかどうかですね。

Re: No title

プライアさん>
リタイア後も同じレベルで生活できるなら大丈夫ですね。
後悔することが少なければそれに越したことはありません。

No title

僕の今の生活は物欲がだいぶなくなってます。
全くないわけでもないのですが、必要性を考えてしまうんですよね。
電子書籍も発売日で直買いせずにクーポンとか待ちますし。
昔とは大違いです。

Re: No title

ゼロさん>
リタイヤを目標に据えると必要かどうかをよく考えるようになりますね。
本当に必要なのか?と考え始めるとだんだん物欲は無くなっていくような気がします。

( ゜o゜)

私なんか…以前は連休が出来ると、どこかへ行かないと…みたいな感じで一時は海外旅行に年3回行っていた頃もありました。
当時はそんな事をするのを特に疑っていませんでした…(;´_ゝ`)
多分、自分は多分定年までサラリーマンすると思っていましたし…
然し、サラリーマンを辞めて半リタイアしている今は…そんな事をしていたのを不思議に感じてます。
あのお金を残していたら…かき集めるとホント結構な額になる筈ですから…(;゜∇゜)
その頃勤務していた会社も今だったら、多分行っていないであろうという思いもあるので、旅行はストレス解消の為だったのかもしれないですね…(;´д`)

Re: ( ゜o゜)

武蔵犬さん>
お金を稼いでいてもそれに対するストレスが大きくなるとどうしてもそれを使いたくなってしまいますね。
残業代がこれだけ入ったからと、ノルマのように使う金額を決めたりして無理に使っていた時もありましたね。
今考えるともったいないことです。
プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。