スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに長生きしたいかな

リタイヤする時の資金計画として自分が何歳まで生きるだろうか?という予測を立てると思います。
私自身としては平均寿命を目安にしていますが、最低限20年(70歳)くらい自由に生きられればいいかなと思っています。
体調に問題が無ければその後の10年ちょいおまけで生きられればいいんじゃないかな。
結婚していたり子供が居れば長生きしたいと思うかもしれないが、そういうことも無い孤独老人としてだと何を目的に生きるんだろう?
老人の医療費が高騰している現状を改善するためにも日本でも安楽死を認めてほしいものだと思う。
その理由は私自身苦痛や痛みに対する耐性が低いと思っているからだ。
この前の尿路結石の時にもそれは痛感したのだけれどその時病院に行くまでの間に考えたのが、これがもし大病の兆候だったとしたらどう考えるだろうか?ということだ。
何かやり残したことはあるかな?と考えてみたが特に何も思い浮かばなかった。
リタイヤしてのんびり過ごすことができているし、もう少しのんびりしたかったなと思うことはあるけれど特に何かしておかなくちゃと思うことは別に思い浮かばなくて、「まぁ仕方ないかな」と思う事くらいだった。
なので回復の見込みが薄く痛みに耐える期間が長くなるとなれば私は安楽死を願うだろう。
今後20年くらいの間に合法化になってほしいと本気で祈っている。
万が一のために今も一度に飲めば死にそうなくらいの睡眠薬はキープしている。
まだしばらくはこれを使わなくてもいい状況が続けばいいなと思っている。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

免許更新

5年も間が開くと更新時期は忘れてしまいがちだが、更新案内が来ていたので自動車免許の更新に行ってきた。
働いている時は当日交付の警察署で更新していたが、そこは家からは遠いしそこまで行く時間が惜しかったので一番近くの警察署に行くことにする。
ここならいつもの散歩のついでにいけるが、当日交付じゃないのがちょっと面倒だ。
でも受け取りも散歩のついでにいけるからまぁいいだろう。
平日だし、当日交付の警察署よりは少しは空いてるんじゃないかな。もしかして誰も居なかったりして?とか期待していたが10人程度は免許の更新に訪れていてちょっとがっかり。
免許更新の窓口に行くとまず収入証紙(3000円)を買ってこいと言われる。
そういえば昔も小さな警察署で更新したときに別の建物の交通安全協会で書類を作らされたのを思い出した。
即日交付の警察署だとわざわざ証書を貼ったりしたような記憶は無かったから交通安全協会とかの勧誘も無くなったのかと思ったが、外の小屋で証書を買ったら以前と同じように安全協会の勧誘(1500円)もされた。が今は何のメリットもないのでそれはお断りする。
昔ほど強引な勧誘でなくなったような気もするが今まで行っていた当日交付の警察署では交通安全協会という言葉さえ聞くことも無かった気がするのだが改めて聞かされると面倒なものだ。
書類を書いて出すと30分の講習(ビデオ鑑賞15分と15分間の講習)を行う。
ビデオと講習は窓口の前でそのまま行われており、30分後に受付から呼ばれるまで椅子に座って聞いていればいいだけだ。
ある程度の人数が集まってから同時に始めるとかいうのじゃないから待ち時間も無くていい。
聞いているのは5、6人くらいだが窓口から呼ばれるたびに一人、また一人と中座していく。
私も30分後くらいに呼ばれたがビデオを一通り見る前に終了となった。
免許は1週間か2週間後くらいに取りに来ればいいのかな?と思ったら1か月もかかるらしい・・。
今の免許は3か月後まで有効のハンコが押されたので1か月後から3か月後までの間に取りに来いという事らしい。
1か月もあると忘れてしまいそうだな。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

誰のための制度か

たまに病院に行くと合理的じゃない制度を痛感する。
今回は休日だし夜間だったから総合病院に行かざるを得なかったが、初診を総合病院(正しくは病床数が多い病院)で受けると非紹介患者加算料として5000円(以上)+消費税の追加負担が必要になる。(今迄は2000円程度だった気がする)
大病院の混雑を避けるため(重篤な患者に割く時間を確保するため)と言われているが到底そんなことは信じられない。
個人的な考えでは初診こそ大病院に行くべきで、初診以外は重篤な患者以外の再診を認めないとかした方がいいと思う。
もちろん、単純な風邪や切り傷、慢性の病気などは除くものとし、例えば年度単位で同じ病気と判定されたら2度目は5000円の追加徴収をすればいいと思う。
初めて何の病気か分からない症状が出た場合、設備の乏しい小さな病院に行くより大病院で診てもらった方が安心できるだろう。
今回もCTスキャンを撮ってもらえたから1mm程度の結石を見つけることができ、病状が特定できたのである。
追加の薬をもらうために行った近所の病院ではレントゲンを撮るしかなく、レントゲンでは何の異常も捉えることはできなかった。
もし、最初に近所の病院に行っていたとしたら、レントゲンでは何の異常も捉えられず検尿の結果からもしかしたら尿路結石かもねっていう診断が下されたはずだ。
尿路結石と同じような症状であってももっと重篤な病気の可能性もあったわけで病状が確定できない以上、痛み止めとともに他のありえそうな病気に対する薬も同時に処方された可能性もあるだろうし、1週間後くらいに再診も受けるように言われていたはずである。
2週間くらい病状が不明だと大病院の紹介状がもらえる時もあり、それによって大病院を念のため受けるというような状況になったかもしれない。
小さい病院を守るという謎の制度のために休日診療での薬は1日または2日分(週末だけの分)しかもらえない。
通常は1週間分はもらえたはずで、今回もはじめの総合病院で1週間分の薬を処方してもらえていれば近所の病院に行く必要すら無かったはずだ。
国の医療費負担が高いというけれど誰得だ?という制度がいくつもあるのも余分にお金がかかる原因だと思う。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

むちゃくちゃだな

原子炉の廃炉費用を全く関係の無い第三者に負担させようという案が出ているらしい。廃炉費
百歩譲って政府が一部負担(そうすると結局国民負担になることに変わりはないが・・)するというのなら分からなくはないが、何で全く関係の無い他の電力会社に負担を求めるのか?
既存の電力会社から転売している会社であればまだしも、原発に反対して自然エネルギーで発電している会社や、自社で発生する熱エネルギーを変換して発電している会社もいっぱいある。
既存の電力会社を守るためだけにこういう無茶な提案を出してくるような人が居ることに驚きだが、それが合意されて外に出てきてしまうという事はこの考え方が正しいと思う人たちが多数を占めている集団に管理されている社会だという事に落胆する。
政府との癒着っぷり感が半端ないけど、そろそろうまい汁を吸っていた連中は撤退を始めているのだろうか?
原発の廃炉には高額の負担になることは明らかだし、寿命を迎える原発はどんどん増えてくる。
多分上の人間はこれから10年程度の間においしいところを絞り切って徐々に撤退(引退)していくことになるのだろう。
それらの人たちの撤退が完了した時点で廃炉のコスト増のために自己破産するとかもあり得なくはない。(この負担を押し付ける相手が出来さえすれば・・)
国際競技場にしろオリンピックにしろ始めに見積もってから実際の費用が倍々ゲームで増えていくような人達が見積もっているのではラチがあかないから本当は廃炉にどれだけの費用がかかるのかちゃんと算定しておいた方がいいだろう。
そうして今のうちから役員給与とかは差し押さえておいた方がいいだろうに。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

そして最大級のが・・

違和感も無くなりおなかの状態もスッキリ?して、やっと今日はゆっくり眠れるかなと思ったのだが・・。
2時過ぎにふと目覚めると横腹に少し痛みが・・。
やっぱりまだ終わりじゃなかったのかという落胆とともに痛みのある位置の高さに愕然とする。
今回の痛みはへそのあたりの高さなので、この位置じゃこれが終わったとしてもまだ少なくとも1回は大きな痛みがやってくるはずだ。
はじめはこの痛さにもそろそろ慣れてきたぜと、薬なしでもなんとかいけそうかな?と思ったのだが、だんだん痛みがひどくなってくる。
これはやばい、やばい、やばいと思いながら慌てて座薬を投入する。
痛みのひどさはだんだん半端なくなってくる。薬が効いてくるまでの時間が本当につらい。
七転八倒したいような痛みだが、痛すぎてそんなに動くこともできない。
歯を食いしばったまま口で切れ切れに呼吸するのがやっとの状態だ。
なかなか薬も効いてこないし、30分程度経ってやっと痛みが緩和されてきたものの相変わらず痛いままだ。
寝ることもできないくらいの痛みは残ったままなので今の状態では寝ることは難しいが、そもそも寝るなんていう余裕はないだろう。
なんとか薬が効いているうちにこの痛い部分から石を動かしたいから起きたままで水分をとりまくる。
横になるよりおなかを縦にしていた方が重力の力も借りられるかと期待しているだけなのだが・・・。
4時くらいになってやっと痛みもおさまってくる。やっと石が関所を通過したのか?
4時間くらい寝て起きるとおなかの違和感は全くない。ちょっと安心したのだが、しばらくすると徐々に痛みが・・。
どうやら薬の有効時間が7時間程度のようで、薬の効果が切れたために痛みが徐々に出てきているようだ。
だんだん痛みが増してきて薬が必要か?と警戒したが、1時間ほどすると徐々におさまってきて安心した。
それより、この痛みのせいで買い物に行くのが遅れて安売りの玉葱が売り切れになっていたのが痛かった・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。