スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2個目なのか・・?

もう終わったかと思っていた。
丸1日くらい痛みを薬でごまかしながらお茶をがぶ飲みしていたが痛みもなんとか収まった。
そして丸1日くらいは痛みもなく、昼間は暑い中1時間くらい散歩して図書館巡りもしてきたし、尿の色も元に戻ったようで安心していた。
石が出たかどうかの感覚は殆ど無く、もしかしたらこれかな?と思わなくもないようなものは一度見つけた。
2個目が出た感覚はないが、小さい石だとよく分からないらしいので不安が残りつつもちょっと安心していたのだが・・。
もう終わったかと思っていたのに、夜寝る頃にまた痛みが徐々に増していく。
もしかしてこれは2個目なのか?と徐々に痛くなる痛みで寝ることもできなくなる。
薬は1つしか残っていなかったけれど、もう終わったのかと思って安心していたし、万が一の保険と思っていたのだが・・。
ここで最後の1つを使っていいのか?という選択に悩まされる。
薬は1日に2回まで、一度使ったら最低5時間は間を空けることという説明があったが、その説明から考える限り薬の有効時間は数時間程度と考えることができる。
今の痛みは前回の痛みに比べればまだちょっとましなので今の時間で最後の薬を使ってもいいものだろうか?という疑念だ。
心配性な私としてはまだまだ痛みが持続する可能性があるとすると、近所の泌尿器科が9時から開くからその5時間前の午前4時頃なら最後の薬を使ってもいいんじゃないか?と考えてしまった。
今は午前2時なのでもう2時間くらい我慢できるところまで我慢して、どうしてもダメとなったら薬を使うか、と考えてお茶をがぶ飲みしながら痛みに耐える。
前回に比べればなんとか、が、が、が、がまんはできなくはない・・・。
途中で何度か薬を使ってしまおうかとしかけたが、なんとか思いとどまって痛みを耐えていると3時くらいにやっと少しずつ痛みが和らいできて4時頃には眠ることができた。
朝になると痛みはもうなくなっていて2個目が終了したのか?と思ったが、下腹部あたりがまだなんとなくもやもやした感じがする。
ただの痛みの余波かと思ったが念のため近所の泌尿器科に薬をもらいに行ってくる。
検尿してレントゲンを撮ったが、レントゲンでは1mm程度の石なのでほぼわからないようだがまだ血尿が出ているらしいのでまだ石は排出されていないようだという事だ。(CTスキャンも分解能は5mm程度なので余り小さいと全てが映らないかもしれないと言われた)
薬の処方箋を出してもらって薬局で待つころにまた徐々に痛みがやってきた。
やっぱりまだ残ってるのかと落胆しながら痛みを我慢しつつ薬を持って帰る。
薬を使っちゃおうかなとも思ったが、まだ我慢できる範囲かと1時間ほど我慢するとまた少し良くなってくる・・。
痛みと何でもない期間が交互にやってくるというのもつらいものだ。
終わりがはっきり分ればもっと安心できるのだけれど・・。
これでもう終わりなのだろうか?

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

座薬は思ったより簡単

尿路結石で薬の処方箋をもらう時に「座薬でいいかな?」と聞かれた。
座薬は使ったことが無かったから慣れていないのがちょっと気になったけれどまぁいいかなとも思ったのだが、「どうしても抵抗があるなら飲み薬もあるんだけど」と言われたので「じゃ、飲み薬でもらえますか?」と聞いたら、「飲み薬はすぐには効かないから座薬の方がいい」とお医者さん2人がかりで力説された。
そこまでこだわっているわけじゃないんだけどなと思いながら「じゃ、座薬でいいです」と答えたが、そこまで力説するなら選択肢を用意しなくてもいいのにと思わなくはなかった。
家に帰ってから水分を大量に摂取していると石が動いたのかだんだん痛みが増してきて動くのもつらくなってくる。
きつい薬なのでどうしても痛みが我慢できない時だけ使うように言われたが、我慢できる範囲というのは殆ど無いように思える。
初めてやるので少しかがんだ状態で座薬を入れるのは目視もできないしちょっと戸惑う。
なによりちょっと動くと痛い状況下で半分しゃがんだ状態で居ること自体がつらい。
どこまで入れればいいのかもよくわからなくてちょっと入れたくらいじゃ尻をすぼめるとにゅるんと座薬が飛び出してきてしまう。
2回くらい失敗して3回目でやっと奥まで入れることができた。指の第一関節以上は奥に突っ込まないと戻ってきてしまうな。
Webサイトを見てみるとビニール手袋を使って入れると汚れとか気にせず入れやすいということらしい。なるほどなと思った。
元の痛みが大きいのかもしれないが座薬を入れたとしても薬が効いてくるのはしばらくかかる。
薬の説明書には座薬を入れた後20~30分の間は激しい運動を避けるようにと書かれているが、じっとして痛みが引いていくのを耐えるのが精いっぱいで運動なんてできるような状態じゃないのだが・・。
薬が効いても完全に痛みがなくなるわけではないが薬が効いていると本当に痛い部分のみが少し痛い状態で残るので大体石がどのへんまで来ているのかなんとなく分ったりする。
体の表面あたりだと叩いたりさすったりとかして痛みを抑えたりできそうなものだが、体の中の方の痛みでは何ともしがたい状況なのがつらいところだ。
このような痛みだとやはり薬にたよるしかないのだろうな。
ただ、1mm程度の石でこの痛さだとするとそれ以上の大きさにまで成長してしまったらと思うとぞっとせずにはいられない。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

休日急患診療

夕食を食べて風呂を沸かそうかなと思っていたら急に横腹の方が痛くなってきてちょっと横になっていたのだけど、だんだん痛みがひどくなってきた。
前日の金曜の夜にもちょっと痛くなって少し尿が茶色になっていたのでやばいかなと思ったのだが、朝起きると痛みも無くなっていたし尿の色も普通に戻っていた。
今は平日ならいつでも病院に行けるのに週末に起こるとはなんともタイミングが悪い。
月曜に泌尿器科に行くかなぁと思っていたら夜には急な激痛に見舞われる。
家族もみんな尿路結石を体験しているので私もそのうちなるんじゃないの?と脅されていたので、多分尿路結石だと思いつつ病院に行くかどうか考えてみる。
週末の夜に病院に行くのは面倒だがこのまま月曜まで我慢することはできなさそうだし、尿の色を見ても見間違う事のない血尿に変わったし、これ以上ひどくなると動けなくなって救急車を呼ぶ羽目になりそうだ。
診察券も持っているからと家から一番近い総合病院に電話してみると、その症状ではうちの病院では扱っていないので救急診療の相談窓口の電話番号を教えられた。
そこに電話すると通常行くことのない方面の別の総合病院の電話番号を教えられたのでそこに電話で確認して症状の確認とこれから向かう旨を伝えてタクシーを呼ぶ。
服を着替えて戸締りはしたけれど痛みのせいであまり細かいことに気が回らない。
タクシーに乗っている時にやっと財布の中身を確認すると15000円くらいしか入ってなくてちょっと心配になったりした。
じっとしているとややおさまりつつあった痛みもタクシーの振動で徐々にぶり返す感じなのがきつかった。
病院について受付をしても10組程度は一時受付に待っている。
半分は子供の切り傷や捻挫の家族連れで、ちょっとした切り傷でもこんなところに来るんだなぁとちょっと驚くとともに待ち時間の長さにうんざりする。
やっと順番が回ってきて一次問診(トリアージ)をして検尿してから次の2次受付で別の待合室に案内される。
そこにも10組以上が待ち合わせしていてまだまだ時間がかかりそうだとこの先が思いやられる。
我慢できなくなるほどでは無いにせよ継続的な痛みに耐えながら、2次問診、また少し待ち、CTスキャンを撮って、また待って・・。
そしてやっと診察結果が「尿路結石ですね」と言われ、やっぱりね・・・。
尿管は細くなっている箇所が3か所あるらしく、その部分で激痛が起こるらしい。
CTスキャンでは今の痛みを起こしている石(1mm程度)は下の方まで降りているようで最後の関門の少し上(最後の痛み)らしい。だが困ったことに石はもう一つあってそれはまだ上の方にあるので今までの痛みがもう一度来るでしょうねということらしかった。
これからの痛みにびびりつつもここまで待って、もらえたものは痛み止めの座薬の処方箋だけだった。
会計を済ませ(8000円ちょいだった)病院の前にあるという24Hの処方箋薬局で薬をもらう。
「お薬手帳はありますか?」と聞かれたが、そんなことを考えてる余裕なんて無かったよ・・。
市街地じゃないし病院の近くには民家も無く、道は暗いし、薬局までの道に人影は一人もなく車も1台も通過しない。
どう帰るかなと思ったが少し離れた位置にタクシーが1台止まっていた。どうやら救急診療の帰り客待ちらしい。
視界内には車はその1台しか見当たらないし、迷うことなく手を挙げて乗せてもらう。
0時くらいだったしちょうど待っててもらえてラッキーだったかな。
帰ってからなるべく水分をとって石を下に流すようにしろと言われたが、そうするとまた痛みがぶり返してくる。
痛み止めの座薬は痛みがひどくなった時だけ使えと言われたがとても我慢できそうにないのですぐに使うことにする。
速攻で効くとは言われたが10分~20分は我慢が必要だな。
薬が効いてくると痛みも殆どおさまるのでいまのうちにと水分を大量にとりまくる。
薬が効いている間に石が落ちてくれるといいのだけれどと夜遅くまで起きて水分をとり続けたのだがそうそううまくはいかないようだ。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

相変わらずのずさんさ

築地移転の予定が延期されたようだ。
まぁ、小池知事になった時点で延期以外はありえないと思うが、やはり情報公開が少ないのが問題のようだ。
手順にしても予算にしても情報が出れば出るだけ突っ込みどころが満載だな。
役人はお金を使う事ばっかり考えていて効率とかも何を基準にしているのかわからない状態だ。
新しい施設にしても予算を大幅に超過しているし、これでは国立競技場の予算が膨らんで東京の負担増が決まった時に文句なんて言う権利もなかったはずだ。
普通の会社なら予算からちょっと膨れただけでも稟議書を作り直したり面倒な作業が山ほど発生するし、大幅に予算を間違えたら減給などになることもあり得る。
やっぱり役人も予算が大きく膨れる場合は給料の査定を受けるべきだろう。
それくらいにしないと真面目に予算を計算しないんじゃないかな。
これが実現できれば毎年役人の人件費の大幅削減が実現できていいと思うのだが・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

平穏の復活

開会式も閉会式もリアルタイムの観戦も殆ど無いままリオオリンピックも終了したようだ。
これまでも殆ど見ることは無かったので地球の裏側でのオリンピックは寝ている間に進行しているのはそれはそれでよかったのかもしれない。
朝起きてからのダイジェストでまとめて見られるだけで十分かなと思った。
ただ、プレイ映像だけ見られれば十分なのに選手のインタビューが稚拙すぎてしらけてしまう。
メダルを取ったからと言って中継でインタビューなんかしてわざわざ「この後食べたい物」とか聞いてどうしようというのだろうか?
すごい演技だけをまとめた映像だけで十分だと思うのに・・。
オリンピックもほぼ商業営業になりつつあるのだから「スポーツの祭典」にしてしまえばいいのに。
あまり順位やメダルを重視しないで普通の大会ではあまりできないこと、体操とかだと新技を披露する場にするなどもっとエンターテイメント性を重視するようにすればもっと盛り上がるような気がする。
東京五輪の時にはTV番組表がオリンピック競技で埋まっていてうんざりする。というような状況にならなければいいんだが・・。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へ
ブログランキング
  

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

プロフィール

砂希

Author:砂希

50直前セミリアイアからのセカンドライフを満喫中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブログ村
BLOG RANKING
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。